2016
09.03

最近よく耳にするようになった炭水化物を制限するダイエット、実は単に炭水化物を摂らなければ痩せるという訳ではありません。

三大栄養素の1つでもある炭水化物は私達の生命を維持する為にも欠かせない栄養素ですから、コツを押さえてダイエットを行なわないと効果的に痩せることができないだけではなく、体や脳に必要なエネルギーが不十分になって、健康への害を引き起こす結果となってしまいます。

最も効果的にダイエットを成功させるキーとなるのが、炭水化物を徐々に減らしていくということです。

とにかく、早く体重を減らしたいからといって、食事から全ての炭水化物をなくしてしまっては、エネルギー不足に陥ってダイエットを続けることができません。

目安として、炭水化物の摂取量は、2週間かけて20%ほど減らしていくようにします。

炭水化物を減らすことは、糖質を制限するということなのですが、これによって脂肪を減らせるのはいいのですが、同時に筋肉量も低下していってしまいます。

筋肉量が低下すると、基礎代謝量も減るので、カロリーを効率よく燃やすことが難しくなります。

筋肉量の低下を防ぐ為にも、ダイエット中は筋トレをとりいれるとともに、肉、魚、卵、大豆製品といったたんぱく質を多く含む食品を積極的に摂取するようにするといいでしょう。

ダイエットを始めたばかりの時期はそれほど炭水化物の摂取量は減らしませんから、食べる時はなるべく時間をかけ、よく噛んで食べるようにして血糖値の上昇を抑えることがポイントとなります。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.