2016
07.31

炭水化物ダイエットは、正しい方法で行なわなければ、行なってもあまり意味のないものとなってしまうダイエット法の1つでもあります。

間違った方法で行なうと、体調不良の原因となったり、精神面へ悪影響を与えたりするだけではなく、ダイエット終了後、リバウンドをおこしやすく、逆に体重増加へと繋がることも多いのです。

ごはん、パン、パスタ、麺類といった炭水化物は手軽に食べることができる為、ほとんどの人は毎日食べていますし、朝、昼、晩と、3食とも炭水化物が中心の食事という人も少なくありません。

ですから、どのくらいの量を減らしたらいいのか把握するのが難しいということも事実です。

初めて炭水化物ダイエットに挑戦してみる人は、まずは、1日、150グラムの炭水化物を減らしてみるといいでしょう。

150グラムの炭水化物は、ご飯だとお茶碗1杯、食パンだと2枚にあたり、ご飯やパンの代わりに、野菜や、肉、魚、大豆製品、乳製品といったたんぱく質の食品を摂取するようにします。

小さな変化に見られますが、これだけでも1か月続けることで、1~2%の体重を減らすことができるのです。

より本格的に炭水化物ダイエットに取り組みたいという人は、1日の糖質摂取量を60グラム以下に抑える食事をするようにします。

お茶碗1杯には、58グラムの糖質が含まれているので、1日お茶碗1杯のご飯以外は、たんぱく質の食品や野菜を食べることとなりますが、野菜でも芋類や人参などの根菜類は糖質が高いので、摂取を避けるようにしましょう。

◎こちらも参考に=>【URL:http://www.appbank.net/2016/04/28/iphone-application/1198987.php

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.